Home: Maucher Jenkins

Intellectual Property

Patents | Trade Marks | Designs

バイオテクノロジー

バイオテクノロジー研究開発は、大学のスピンアウトから多国籍ヘルスケア会社に至るまでの企業が関与する、世界的な事業です。

人類のより良い未来に貢献するために生物学を理解し、利用するのは複雑で時間のかかる試みです。そのため、適した知的財産保護を行うことは、次の大発見および潜在的な商業上の成功に関わる人々の利権を保護するために極めて重要です。

 

専門分野

 

Maucher Jenkinsは、このような競争の激しい市場にて、バイオテクノロジー企業に最高の知的財産保護を提供できる技術的知識及び理解を備えた真摯で専門家の弁理士チームを擁しています。弊所の弁理士は、小規模および大規模企業のいずれについても実績を有しており、お客様のニーズに合わせたサービスを提供することができます。私たちは、お客様の商業的利益をサポートし、事業の継続的な拡大成長を可能にする知的財産保護戦略の提供に努めています。

 

特許権による保護

 

バイオテクノロジーに関連する特許法は常に注目を集めており、この分野の法律は、欧州のみならず世界的に極めて大きな動きを見せています。

 

欧州では、欧州特許庁および欧州連合司法裁判所による最近の判決は、何が特許可能かについて劇的な変化をもたらしました。 例として、Brustle対Greenpeace事件において、欧州連合司法裁判所は、出願日において、当の製品の元となっているヒトの胚の破壊を必然的に伴う方法のみによって取得可能な製品を対象としたクレームは、その抽出方法がクレームに含まれていなくとも、特許取得の対象から除外されるという判決を下しました。このような破壊が行われる時点は、無関係だということです。

 

しかしながら、私たちのお客様に影響を与えるのは欧州の法規のみではありません。Myriad事件やPrometheus事件などの影響は、弊所お客様の米国出願での特許取得の可能性にも波及しています。Myriad事件、Prometheus事件-米国と欧州特許庁の立場の比較

 

Maucher Jenkinsでは、お客様の最善の出願手続きを保証するため、私たちの知識と経験を生かし、このように変化する知的財産状況を上手く切り抜けられるようお客様をご案内いたします。私たちは、特許法の世界的な変化がお客様の知的財産ポートフォリオ形成にどのように影響を及ぼすかについて常に最新情報を入手して知っておくことが極めて重量であると考えます。

 

私たちはバイオテクノロジーの重要性を理解しており、欧州特許庁でのバイオテクノロジー関連特許の出願数が、全技術分野に渡る出願数の2倍のペースで増加していることも当然の事と受け取っています。

 


本分野に関するお問い合わせは以下のスタッフにご連絡下さい。

Reuben Jacob, 榎本 圭, Dr. Fiona Kellas, Dr. Edward Rainsford, Tanya Buckley

関連情報

C
このサイトはcookieを使用しています。

cookieの中には重要なものもありますが、このサイトがどのように利用されているかについての情報を提供し、ご利用体験を向上させるために使用されるものもあります。このサイトが使用しているcookieに関する詳しい情報は、「プライバシー保護方針」をご覧ください。

必須Cookie

必須cookieは、中核となる機能を有効化します。ウェブサイトは、このcookieがないと適切な機能を果たすことができません。ご利用のブラウザの設定を使って無効化することが可能です。

分析Cookies

分析cookieは、利用に関する情報を収集・報告することでウェブサイトの改善のために使用されます。

x